2022年(令和4年)4月 旧日向家熱海別邸 リニューアルオープン!

   ごあいさつ 

 着工からリニューアルオープンまで3年間、総額3億円の改修工事を完了させ、新・旧日向家熱海別邸は令和4年4月開業(予定)されます。
旧日向家熱海別邸は、世界遺産の建築家・ブルーノ・タウトの手による日本唯一現存する建築物です。84年前の昭和11年、日向利兵衛は自邸に眺望を求め、屋上庭園を造る為に地下室を設けました。その地下室のデザインをタウトは依頼されこの摩訶不思議なる世界「幻の地下室」が生まれました。
建設当時は、過多な装飾を排除し、機能に応じた空間を(のみ)で構成するという近代建築の時代でした。その中にあってブルーノ・タウトはあえて「日本文化と西洋文化が混在した何とも不思議なる世界」を設計しました。日向利兵衛が亡くなった後、日本カーバイド工業により52年間という長きに渡って保存され、解体寸前には篤志家によって危機を免れ、平成16年熱海市の財産となりました。そして昭和18年に重要文化財となり一般公開されてきました。

今回、「ブルーノ タウト熱海会」と「旧日向別邸保存会」が一緒になり、「熱海をブルーノ・タウト・日本のメッカに!」をテーマに「熱海ブルーノ・タウト連盟」としてつくられ、蘇る新・旧日熱海別邸の支援活動を開始しました。活動に当たっては、別邸に隣接する「登録有形文化財・東山荘」と、タウトを敬愛する建築家・隈研吾氏設計の「ATAMI海峯楼」と協働し、東山(春日町)町内会のご支援頂きました。熱海市が目標とする熱海国際観光温泉文化都市の基(魅力)の一つになることを願いつつ邁進してまいります。
そんな当会の初の催しである「ブルーノ・タウト”幻の地下室”展」! ごゆっくりご観覧下さい。

尚、同内容の展示会を「巡回展」として各地で開催したく思っています。許可頂けるホテル・旅館、各地会館などご協力賜りたく謹んでお願い申し上げます。
開催に当たりましては、熱海市観光まちづくり補助事業、ギャラリー藍花様のご支援を賜りました。この場をかりて厚く御礼を申し上げます

熱海ブルーノ・タウト連盟  代表 矢崎英夫

ブルーノタウト “幻の地下室”展

チラシ裏表 PDF

目 的
令和4年4月のリニューアルオープンが予定されている旧日向家熱海別邸を回顧展の形で広報する。
場 所   ギャラリー藍花   熱海市田原本町7-6
期 間   令和2年10月8日(木) ~ 10月13日(火)

時 間   10:30 ~ 16:00
金 額   無料

主 催
熱海ブルーノ・タウト連盟 /登録有形文化財東山荘 / ATAMI海峯楼
展示作品
・旧日向家熱海別邸の写真パネル13枚+解説
(旧・旧日向別邸保存会製作11枚+今回作成2枚)
・三室屏風(旧・旧日向別邸保存会作成)
・楽しい仕掛け、東山・この永遠なるもの、摩訶不思議なる世界へ、幻の地下室へ、日向邸の出観月会
・展示販売  はがき、DVD、ファイル、記念Tシャツなど
・放映  旧日向家熱海別邸DVD(15分)など

展示会の模様                     10月8日撮影

 

会場 熱海駅前仲見世通り

 

ショップの奥が展示会場です

 

幻の地下室へ

展示会場 番号順にご覧ください

会員による手作り作品、屏風などご覧ください

今後の情報をお届けします。ぜひご記帳ください。

DVDで旧日向家熱海別邸のご紹介をしています。15分

僅かですがオリジナル商品を販売しております。記念にどうぞ!

▶ 新聞等関連記事をご覧ください。

展示作品のご紹介

A1パネルの展示作品をご紹介します。 01から13

01 幻の地下室展へようこそ

会場のご案内

02 旧日向家熱海別邸

03 熱海ブルーノ・タウト連盟

04 ブルーノ・タウト

05 旧日向家熱海別邸 入り口 (設計:渡辺仁)

06 廻り階段

07 アルコーブ(竹の間)

08 ブルーノ・タウト直筆のエスキース

09 社交室 Ⅰ

10 社交室 Ⅱ

11 洋間

12 日本間 12畳

13 熱海ブルーノ・タウト連盟の取り組み

和室・洋室・社交室の三室を屏風にしました(旧日向別邸保存会作成)

熱海駅広場から仲見世通り左3軒目の「ギャラリー藍花」にて開催しております。ご来場お待ちしております。 ▶ 詳細はこちらから

熱海駅前・仲見世通り・ギャラリー藍花にて10月8日より13日まで開催します。 ▶ 新聞等関連記事をご覧ください。

おすすめの記事