当会の名誉会員である田中辰明氏の関係資料及び動画配信などが多数にわたり、更に増えて参りますので、ここに専用コーナーをつくらせて頂きました。ご活用頂ければ幸いです。
田中辰明ホームページ ▶ 田中辰明の部屋

更新された バウハウス講座 ユーチューブ

new バウハウスとグンタ・シュテルツル      https://youtu.be/zrHuSEIYmWQ

new バウハウス㊙女性たち                           https://youtu.be/wNf0Bu35jQo

Itten ヨハネス・イッテン            https://youtu.be/uHvZHEwwRqU

Nagy ラスロ・モホリ=ナギ           https://youtu.be/NThbcLhOKMg

Albers ヘルベルト・バイヤー    https://youtu.be/I2YXZksL7As

Feininger ファイニンガー       https://youtu.be/O6r9G3oOF6s

Kandinsky(Nr.3)ヴァシリー・カンディンスキー3  https://youtu.be/Bdmn6Cnxk2U

Kandinsky(Nr.2)ヴァシリー・カンディンスキー2  https://youtu.be/Hd6C0zRBQZE

Kandinsky(Nr.1) ヴァシリー・カンディンスキー1   https://youtu.be/cSjtZ_maofI

Schlemmer オスカー・シュレンマー https://youtu.be/IL9LiedrWfQ

Bauhaus100 バウハウス        https://youtu.be/Gn38GWSB5UQ

Klee(Nr.4)パウル・クレー4      https://youtu.be/qpZupVlgTCs

Klee(Nr.3)パウル・クレー3      https://youtu.be/abAOf3604R4

Klee(Nr.2)パウル・クレー2      https://youtu.be/fTMGdbcBhks

Klee(Nr.1)パウル・クレー1      https://youtu.be/-Oc4GlLDXAo

バウハウス講座

動  画 概要説明
バウハウスとパウル・クレーⅠ(改訂版)

パウル・クレーの作品数は多いので3部に分けてご紹介します。これは第一部です。両親の影響を受け、音楽を愛好しました。特にバイオリン演奏を好みました。クレー誕生からバウハウスのヴァイマール時代の作品を紹介いたします。ミュンヘンで修業を行い、青騎士のグループとの交流により、影響を受けました。

バウハウスとパウル・クレーⅡ(改訂版)

パウル・クレーの第2部です。バウハウスで教員(マイスター)として最も円熟した時代(1923~1930)の作品を紹介します。クレーが得意とした抽象画でなく、教材用に描かれたであろう透視図も含まれます。

 

バウハウスとパウル・クレーⅢ(改訂版)


パウル・クレーはバウハウスを1930年に去り、Düsseldorfの芸術アカデミーで教鞭をとります。しかし1933年ナチスが政権を取ると、弾圧を恐れ、故郷のベルンへ戻ります。1936年に不治の病を得ますが、精神力で多数の天使の絵、造形文字の絵画を残します。燃焼し尽くして1940年6月に世を去りました。

バウハウスとヨハネス・イッテン(改訂版)

ヨハネス・イッテンは色彩学の権威でありました。バウハウスでは芸術教育法を確立し、自ら予備課程を担当いたしました。バウハウス設立時の重要人物でありました。しかし校長グロピウスとの意見対立により、バウハウスを辞職しベルリンに芸術学校を設立し、芸術教育に貢献しました。
バウハウスとオスカー・シュレンマー

オスカー・シュレンマーは1880年にStuttgartで生まれた画家です。バウハウスでは1921年から1929年までマイスターを務めました。舞台装置を担当し、トリアード・バレーという抽象的な人形を使用しました。シュレンマーの作品はStuttgartの州立美術館に沢山保管され、公開されています。
バウハウスとファイニンガー

ファイニンガーはドイツの移民の子としてニューヨークに生まれました。音楽を勉強する目的でハンブルグに来ましたが、風刺画を描いたところ認められ、絵画に専念するようになります。バウハウスでマイスターとして活躍。ドイツ表現主義の絵画を多数残しました。デッサウでは授業を行わないマイスターであった為、クレー、カンディンスキーに比べ学生への影響力は小さかったそうです。バウハウス閉校後は米国で活躍しました。
バウハウスとヴァシリー・カンディンスキー
バウハウスでマイスター(教員)として活躍したヴァシリー・カンディンスキーの生涯と作品を紹介します。カンディンスキーはロシア出身の画家ですが、大学では法律学を学び、理論家として有名になりました。抽象画の大家として名を馳せました。抽象画は想像力が豊かでないと描けません。バウハウスでは想像力を豊かにする教育を行いました。建築教育を目的としたバウハウスでは建築の壁画を描く教育を行いました。パウル・クレーとはミュンヘンで知り合い、生涯を通じての盟友でした。


バウハウスとヘルベルト・バイヤー

バイヤーは1900年にオーストリアのハーグに生まれたグラフィックデザイナーです。1921年から1925年までバウハウスに学生として在籍しました。1923円にバウハウス展覧会のポスターを作成しました。1925年から1928年までバウハウスに勤務し、印刷、広告を担当しました。バウハウスにおける書体の統一に貢献しました。ハイパーインフレ時代の銀行券のデザインも行いました。

バウハウスとラスロ・モホリ=ナギ

1895年ハンガリー生まれの視覚造形作家です。1923年から1928年の間バウハウスでマイスターを務めました。合成写真を作りました。1935年米国へ亡命し、1937年、シカゴにニュー・バウハウスを設立し、バウハウスの思想を米国に広めました。さらにシカゴに「スクール・オブ・デザイン」を設立し、後進の指導に当たりました。
バウハウスとヨーゼフ・アルバース

ヨーゼフ・アルバース(1888~1976)はベルリンで芸術教育を学び、バウハウスの学生となりました。ヨハネス・イッテンの予備教育で色彩学を学びました。イッテンがバウハウスを去った後、後任として予備課程を担当しました。1933年バウハウスが解散すると米国のブラック・マウンテン・カレッジから招聘を受け、色彩教育を行いました。弟子から沢山の前衛的な芸術家を輩出しました。バウハウスの理念を米国に伝えました。

特別講座 (タウトの軌跡展での講座)

8月特別講座 タウトの生涯と作品
講師 田中辰明
*延期の為10月タウトの軌跡展にて講演

タウト塾@熱海でのオンライン講座での8講座

8月ブルーノ タウト1

タウトをめぐる人々
8月ブルーノ タウト2

ブルーノ タウトと集合住宅
(世界文化遺産編)
9月ブルーノ タウト4

ブルーノ タウトの集合住宅
9月ブルーノ タウト5

ブルーノ タウトの協会、個人住宅
9月ブルーノ タウト6

まだあるタウトの集合住宅
9月ブルーノ タウト7

まだまだあるタウトの集合住宅
9月ブルーノ タウト8

マクデブルグとタウト
9月ブルーノ タウト8

ブルーノ タウトとトルコ

基調講演

田中辰明 講座

辰明著作集

題名 著者 掲載 年月 種類
バウハウスとYouTube 田中辰明 建築仕上技術 2022-5 PDF
私の初夢・・・日本にバウハウスを設立 田中辰明 建築仕上技術 2022-1 PDF
ブルーノ・ダウト設計による日本における唯一の建築物である旧日向別邸「熱海の家」 田中辰明
柚本 玲
建築仕上技術 2010-3 PDF
タウトベルリンの集合住宅 田中辰明監修 TBS世界文化遺産放映 2009/5/24 DVD録画
ブルーノ・タウトの業績と
旧宅の保存事業
田 中 辰 明 建築仕上技術
vol.33 No.388 2007-11
2007-11 PDF
田 中 辰 明 ドイツ訪問
新聞記事
2008-10 PDF
ブルーノ・タウト設計による円形住宅「チーズ・カバー」 田 中 辰 明
柚本 玲
建築仕上技術
vol.34 No.403 2009-2
2009-02 PDF
ブルーノ・タウトが設計したベルリン市プレンツラウアーベルク地の 集合住宅 田 中 辰 明
柚本 玲
建築仕上技術
vol.34 No.4082009-7
2009-07 PDF
ブルーノ・タウトが設計したベルリン市ヴァイセンゼー地区の 集合住宅 田 中 辰 明
柚本 玲
建築仕上技術
vol.34 No.4092009-8
2009-08 PDF
ブルーノ・タウトが設計したベルリン市イノ・ケルン地区の 集合住宅 田 中 辰 明
柚本 玲
建築仕上技術
vol.35 No.4102009-9
2009-09 PDF
ブルーノ・タウトが設計による日本における唯一の建築物である旧日向別邸「熱海の家」 田 中 辰 明
柚本 玲
建築仕上技術
vol.35 No.4162010-3
2010-03 PDF
ブルーノ・タウトがベルリン郊外に設計した住宅団地 田 中 辰 明
柚本 玲
建築仕上技術
vol.35 No.4172010-4
2010-04 PDF
Bruno Taut in Japan Tatsuaki Tanaka/Japan 記事 2010-08 PDF
ブルーノ・タウトにより計画された住宅と暖房設備 田 中 辰 明
平山禎久
柚本 玲
設備設計
第42巻11月号
2010-11 PDF
ブルーノ・タウトの作品群 田 中 辰 明 建築仕上技術
vol.36 No.4272011-2
2011-02 PDF
建築家ブルーノ・タウトと二人の伴侶 田 中 辰 明 建築仕上技術
vol.36 No.4292011-4
2011-04 PDF
ブルーノ タウトが使用したドイツの向き塗料 田 中 辰 明 建築仕上技術
vol.36 No.430 2011-5
2011-05 PDF
ドイツ・トルコの外断熱最新動向とタウトの作品 田 中 辰 明 建築仕上技術
vol.37 No.437 2011-12
2011-12 PDF
ブルーノ タウトの作品 田 中 辰 明 建築仕上技術
vol.39 No.464 2013-3
2014-03 PDF
ベルリンに残るナチス好みの建築とナチスドイツへの反省 田 中 辰 明 建築仕上技術
vol.40 No.472 2014-11
2014-11 PDF
環境建築家ブルーノ タウト 田 中 辰 明 Environment and Building Services No.149 2015-06 PDF
田中辰明と廣瀬正史 田 中 辰 明 NICHE 2017-01 PDF
ドイツで記念展示会(上) 田 中 辰 明 熱海新聞記事 2019-01 PDF
ブルーノ タウト「高崎での生活紹介」 田 中 辰 明 上毛新聞記事 2019-01 PDF
ブルーノ タウトの住宅/集合住宅から学ぶこと」 田 中 辰 明 Baubiologie2019.8 No.57&58 2019-03 PDF
ドイツで開催のブルーノ タウト没後80年を記念する展示会 田 中 辰 明 建築仕上技術
vol.44 No.523 2019-2
2019-03 PDF
建築家ブルーノ タウト没後80年の展示会と婦人乃友 田 中 辰 明 婦人乃友 2019-03 PDF
ドイツで記念展示会(下) 田 中 辰 明 熱海新聞記事 2019-09 PDF
ブルーノ タウトに関する考察 田 中 辰 明 日本建築学会大会学術講演 2019-09 PDF
ブルーノ タウトと建築作品 田 中 辰 明 2020-03 PDF

田中辰明の部屋より ブルーノ タウトからのリンク集

ブルーノ・タウトにより計画された住宅と暖房設備:設備設計2006年11月号
 ブルーノ・タウトの業績と旧宅の保存事業:月刊建築仕上技術200711月号
 朽ちかけるタウトの家ー故人が設計し暮らした旧東独の住宅、保存の呼びかけ:日本経済新聞2008年7月17日朝刊
 ブルーノ・タウト(Bruno Taut)の作品と建築設備の変遷;空気調和・衛生工学会論文集No. 136,2008年7月
 建築家マックス・タウトの業績と生涯:月刊建築仕上技術200811月号
 ユネスコ世界文化遺産:ベルリンのブルーノ・タウトにより設計された住宅団地:月刊建築仕上技術200812月号
 ブルーノ・タウト設計による円形住宅「チーズ・カバー」月刊建築仕上技術20092月号
 ブルーノ・タウトの業績と旧宅の保存事業:月刊建築仕上技術200711月号
 ブルーノ・タウト設計によるオンケルトムズヒュッテの住宅団地:月刊建築仕上技術2009年3月号
 ブルーノ・タウトが設計したベルリン市プレンツラウアーベルク地区集合住宅:月刊建築仕上技術2009年07月号
 ブルーノ・タウトが設計したベルリン市ヴァイセンゼー地区の集合住宅:月刊建築仕上技術200908月号
 ブルーノ・タウト設計のベルリン市ノイ・ケルン地区の集合住宅:月刊建築仕上技術2009年09月号
 Das Bruno-Taut-Wohnhaus in Dahlewitz: TU International 63 Januar 2009
 ブルーノ・タウト設計による日本における唯一の建築物である旧日向別邸「熱海の家」:月刊建築仕上技術2010年3月号
 ブルーノ・タウトにより計画された住宅と暖房設備:設備設計第42巻11月号
 Bruno Taut in Japan:TUInternational 66 August 2010
 ブルーノ・タウトがベルリン郊外に設計した集合住宅:月刊建築仕上技術201004月号
 Von Tokio nach Dahlewitz: Maerkisches Allgemeine 2008年10月07日号
 ブルーノ・タウトの作品群:月刊建築仕上技術2011年2月号
 建築家ブルーノ・タウトと二人の伴侶月刊建築仕上技術2011年3月号
 建築家ブルーノ・タウトと色彩:月刊建築仕上技術20114月号
 ブルーノ・タウトが使用したドイツの無機塗料:月刊建築仕上技術2011年5月号
 ドイツ・トルコの外断熱最新動向とタウトの作品:月刊建築仕上技術2011年12月号
 ブルーノ・タウトの作品:月刊建築仕上技術2014年3月号
 201246日に日独修好150周年を記念しドイツ文化会館で行ったブルーノ・タウト講演会のチラシ
 ナチス好みの建築とナチスドイツに対する反省:月刊建築仕上技術2014年11月号
 環境建築家ブルーノ・タウト:ビルと環境2015年6月号
 タウトをめぐる思い出、田中辰明×廣瀬正史、NICHE(工学院大学建築学部同窓会誌、2017Vol.40
 ブルーノ・タウト没後80年、ドイツで記念行事、上毛新聞、2019年1月8日
 ブルーノ・タウト没後80年、ドイツで記念展示会(上)熱海新聞、2019年1月15日
 ブルーノ・タウト没後80年、ドイツで記念展示会(下)熱海新聞、2019年1月16日
 Japanischer Architektur Professor besucht Ausstellung zu Bruno Taut, Gemeindejournal Blankenfelde/Mahlow, Januar 2019
 建築家ブルーノ・タウト没後80年の展示会と婦人之友、婦人之友2019年3月号
 ドイツで開催のブルーノ・タウト没後80年を記念する展示会,月刊建築仕上技術2019年3月号
 ブルーノ・タウトに関する考察:日本建築学会学術講演会梗概(北陸)2019年9月
 「ブルーノ・タウトの住宅・集合住宅から学ぶこと」Baubiologie2019.8No.57 & 58
 「ブルーノ・タウトの建築作品」;ブルーノ・タウトの工芸作品、LIXIL出版

田中辰明の部屋より バウハウスからのリンク集

  バウハウス(ヴァイマール時代)-月刊建築仕上技術2014年8月号
バウハウス(デッサウ)-月刊建築仕上技術2014年9月号
バウハウス(ベルリン)-月刊建築仕上技術2014年10月号
ベルリンに残るナチス好みの建築とナチスドイツへの反省-月刊建築仕上技術2014年11月号
世界文化遺産アルフェルトのファーグス工場‐月刊建築仕上技術2014年2月号
シンポジウム「知られざるバウハウス」開催、バウハウス100周年”プレイベント”・月刊建築仕上技術2017年12月号
バウハウス百年第一回、知られざるバウハウス、コア東京2018年11月号
バウハウス2代目校長ハンネス・マイヤー設計によるベルリン郊外ベルナウの「同盟研修学校(Bundesschule Bernau)」月刊建築仕上技術2019年3月号
海外情報:バウハウス100年・建築設備士2019年4月号
バウハウスと女性たち、婦人之友2020年3月号
バウハウスと日本式挨拶「お辞儀」について 月刊建築仕上技術2020年5月号
バウハウスに関する研究その6創立100年記念に制作された映画から学ぶこと、日本建築学会2020年学術講演会
バウハウスに関する研究その7バウハウスとテキスタイル、日本建築学会2020年学術講演会
Bauhaus and Heating, Ventilation Technology and Building Science SHASE Meeting 2020
バウハウスと建築設備 2020年度空気調和・衛生工学会大会・学術講演会
バウハウスに関する論考その5、バウハウスとブルーノ・タウト、日本建築学会大会学術講演梗概集(東海)2021年9月
私の初夢・・・「日本にバウハウスを設立」月刊建築仕上技術2022年1月号

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします