熱海ブルーノ・タウト連盟

熱海ブルーノ・タウト連盟 
(Atami Bruno Taut League)

 

文化遺産のドイツ建築家ブルーノ・タウト(18801938)は、昭和85月から昭和1110月まで35か月を日本に滞在た。この間、桂離宮を代表とし日本文化を広く世界に紹介したことで良く知られている。タウトは、高崎・仙台で工芸品のデザイン・製作を指導し、昭和11年には熱海市東山(春日町)に旧日向家熱海別邸の地下部分を設計しました。また、国内に多くの工芸品や絵画、文献等を残し、その幅広い活動と業績は、世界的にも高く評価されてきました。

熱海市では平成1611月、東京在住の篤志家からの資金提供(補修費用含む)により、旧日向家熱海別邸を取得。国は総額3億円を投じ改修工事を執行し令和44月再公開が予定されています。

「熱海ブルーノ・タウト連盟」では、数奇な経過をたどり現存している摩訶不思議な重要文化財「幻の地下室」と同時に設計された数々の家具・工芸品を「熱海市と熱海市民の皆さんが中心となり保存し、ふさわしい方法で活用して欲しい」と念願しています。この思いを軸に、昭和初期の時代につくられた隣接の「東山荘」及びブルーノ・タウトを敬愛する建築家である隈研吾氏設計による「ATAMI海峯楼」と協働(連盟)します。過去と現代を結び、東山(春日町)の歴史的価値・魅力を明確にし、熱海国際観光温泉文化都市の一翼を担う存在とすべく「熱海をブルーノ タウト・日本のメッカに!」をスローガンとして活動してまいります。

また、タウトゆかりの高崎、仙台でブルーノ・タウトの功績を称える活動グループ、ドイツ文化・産業関連団体、タウトが訪れた地域の支援団体、旧日向家熱海別邸地下室の設計を支援した吉田鉄郎のグループ等、多くの関係者との交流を深め、共同活動してまいります。

目的と活動

この団体は、熱海市民及び文化財保護、地域活性化に関わる人々に対して、重要文化財日向家熱海別邸の保存及び活用、学習、広報に関する事業を行う。これにより熱海市民並びに関係諸地域の文化向上及び地域振興に寄与し、熱海国際観光温泉文化都市(制定昭和25年)づくりの一環を行政、教育機関と協働し担うことを目的として次の活動を行う。

1. まちづくりの推進を図る活動
2. 観光の振興を図る活動
3. 社会教育の推進を図る活動
4. 学術、文化、芸術の振興を図る活動

事業の種類

  1. 東山(春日町)地域の潜在的な能力、魅力を明らかにし全国へ広報する事業
  2. 東山荘及びATAMI海峰楼との連盟(協働)での地域振興に関わる事業
  3. 旧日向家熱海別邸に関わる事項の教育、学習、資料化に関わる事業
  4. 旧日向家熱海別邸の地域連携よる運営管理等に関する研究及び提案事業
  5. ブルーノ・タウトの関連団体等との連携で「熱海をタウト・日本の中心地」とすべく事業
  6. 春日町を熱海国際観光温泉文化都市の重要地区とする事業
  7. その他、この団体の目的を達成するために必要な事業

会 員

正会員 個人年会費     3,000
団体年会費   10,000
賛助会員 個人年会費     3,000
団体年会費         10,000

 

役   員

会 長    矢﨑英夫
副会長    冨村千代
会 計    酒井義幸
役 員    大津正幹
役 員    岡村瑠美
監 事    下堀剛太

会 則

会則 令和2年3月25日作成
会則 20200401

関連キーワード