二・二六事件は1936年(昭和11年)2月26日から2月29日にかけて、皇道派の影響を受けた陸軍青年将校らが1,483名の下士官兵を率いて起こした日本のクーデター未遂事件。その中の一人の河野寿(こうのひさし)大尉他8名の別動隊は湯河原の伊藤屋旅館の元別館「光風荘」に滞在していた牧野伸顕前内大臣を襲撃したが未遂に終わり負傷、東京第一衛戍病院熱海分院(現・国際医療福祉大学熱海病院)に入院。3月5日午後、軍服に着替えて病室を抜けだし分院の外で割腹、頸動脈を突いて自決し16時間後の6日朝死去した。享年30(満28歳没)。
現在、その旨の標柱が置かれている。

河野寿大尉自決の地

2.26事件の日の熱海海岸通り 熱海も雪降りだった

説明文章

河野寿大尉自決の地

 河野寿大尉(28才)はニ・ニ六事件において、湯河原の伊藤屋旅館の貸別荘(当時)である光風荘に滞在していた牧野伸顕前内大臣(大久保利通の二男、麻生太郎元総理の曾祖父)を(名で襲撃し、護衛の皆川義孝巡査と相撃ちとなり、熱海の陸軍病院で治療をした。
 ニ・ニ六事件は陸軍皇道派の青年将校が、世界恐慌を発端とした昭和恐慌、また冷害による凶作によって疲弊する東北地方の農村の状況を座視し得ず、世直しを目指して取起した事件。昭和11年2月26、第一師団を中心に1、483名を率いて、政府要人および天皇側近6名を襲撃し4日後には反乱軍となり鎮圧された。
 反乱軍となった河野大尉は3月5日、兄の司氏に果物ナイフを差し入れて貰い、午後3時半頃、病院の裏山で割腹し首を6箇所も切って、翌朝6時半絶命した。
 陸軍病院は戦後、国立熱海病院となった。昭和三十九年熱海バイパス国道の開通によって病院は分断され、山側は国家公務員共済組合連合会(KKR)に売却された。病院は取り壊され荒地となって放置されていた。
 平成2年に地元有志が自決跡に目印の石を置き、平成五年に標柱を立てたが、KKRホテルの建設に伴いそれらは撤去させられ、平成15年6月19日に関係者一同で現在地に石碑を建立した。
 光風荘は日本で唯一のニ・ニ六事件資料館として土日祭日開館しており、入館時間は午前10時~午後2時半。 湯河原駅より奥湯河原行きバス乗車、万葉公園入口下車、徒歩一分。

 問合せは、湯河原町役場・地域政策課(0465・63・2111)
   平成25年9月 看板菅理者川久保勲0557834636

おすすめの記事